相見積もり比較のポイント|プロタイムズ久留米店|久留米・筑後・小郡の外壁塗装

  • ホーム > 
  • 相見積もり比較のポイント

相見積もりでは、どこをどう比較すればいいの?

外壁を塗り替えるにあたって、まずは複数の塗装業者に見積もりを依頼し、比較してみましょう。
相見積もりを遠慮する方もいらっしゃいますが、大事な住まいと住環境を長く快適に保つための工事を
まかせる業者を選ぶためには必要なことです。

ただし、見積書をもらっても「どこを比較していいのか分からない……」というのでは意味が
ありません。こちらでは、久留米・筑後・小郡の外壁塗装専門店
「プロタイムズ久留米店」が、見積書を比較するためのポイントをお教えします。

相見積もりを取る際の注意点

  • どの業者にも同じ条件で見積もりを依頼しましょう。条件が変わると正しい比較ができなくなってしまいます。
  • 3~4社に見積もりを依頼するのがよいでしょう。少ないと比較検討の材料が足らず、多いとお客様の負担になってしまいます。

外壁塗装の見積書を比べる3つのポイント

  1. 塗料の種類と塗りの回数

    塗料にはさまざまな種類があり、グレードによって耐用年数も変わってきます。安いものもあれば高機能で高額
    なものもあるので、どのような塗料を使用するのかを見積書でしっかり確認しましょう。提案された塗料が
    1種類だった場合は、業者になぜそれを選んだのかを質問してください。明確な理由がなければ、利益優先の
    業者かもしれません。また、塗装では下塗り・中塗り・上塗りなど重ね塗りをするので、何回塗るのかも見積書に
    明記されていてしかるべきです。あまりに安かったら、必要な重ね塗りの回数を減らしているかもしれません。

  2. 塗装面積

    見積書には塗装面積が書かれているはずですが、この数字が大きく違う業者は要注意です。なぜなら、施工
    ではこの面積を基準に塗料の量や職人の数を決めているはずだからです。安く見せるために面積を少なくして
    いるかもしれません。こういったケースだと、塗装してくれるものだと思っていた場所が有料のオプションに
    なっていて追加料金を求められることがあります。また、塗装面積が同じなのに塗料の量が少ない業者も
    要注意です。シンナーや水で薄めれば塗装面積を広げることはできますが、それをすることで塗料の持つ機能
    が著しく低下するので、耐用年数を待たずにトラブルが起きる可能性が高まります。

  3. 塗装工事の期間と人数

    外壁塗装は、人の手で行うしかありません。そのため塗装面積が大きくなればなるほど工事期間は長く
    なりますし、職人の数も増えます。そしてこの期間と人数は、「人件費」として金額に直結しています。見積書では
    「人工(にんく)」と記載されていることもありますが、この「人工」とは人数×日数で計算される数値のこと。
    この数値が明らかに低ければ、どこかで手抜きをしている可能性があります。人工が少なければ見積もり金額
    は安くなりますが、場合によっては人手が足りないことになり、作業遅延につながるかもしれません。

当店では5種類の見積書を作成します

「プロタイムズ久留米店」では、お客様のところへ伺い、現地調査をした上でそれをふまえた詳細な
見積書を作成しています。お客様に納得・安心して選んでいただけるように、5種類の見積書を作成し、
プランの比較ができるようになっています。それぞれのプランに耐用年数や保証内容も明記し、塗料など
の材料費や施工費も明細としてお付けしています。ご不明点はわかりやすくご説明いたしますので、
お気軽にご相談ください。

うちの家でもきるのかな?

ページトップへ

いつまでに塗装工事すれば消費税8%なの??

おすすめビデオ診断 資格を持った診断士があなたのお家を診断します!

塗装現場・塗装に関する豆知識

塗装現場

豆知識

  • まずこちらをお読み下さい
  • 外壁の塗り替えのタイミングについて
  • 選ばれる理由
  • 外壁塗装業者の選び方
  • 相見積り比較のポイント
  • よくあるご質問
  • おすすめ塗料
  • プロタイムズの便利な分割ローン

リフォームジャーナル

>