施工現場ブログ|プロタイムズ久留米店|久留米・筑後・塗装の外壁塗装

スレート屋根塗装で注意する事(縁切り作業)

縁切り作業に必要な道具 タスペーサー!

皆さん、いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

久留米市の塗装ならお任せ!

プロタイムズ久留米店の太田です♪

 

外壁塗装が終わった小郡市T様邸。

最後は屋根塗装です!

 

 

屋根にスレート瓦が使われているお家はここで注意が必要です。

まずは屋根の構造の説明からしますね。

下の画像をご覧下さい。

 

上の画像を見て頂くとわかるように、屋根は野地板・防水シート・瓦の順番で乗っています。

屋根の構造上、瓦と瓦の繋ぎ目から必ず雨水が入りますが

その雨水はきちんと瓦と瓦の隙間から流れ出るようになっています。

 

しかし、屋根塗装を行ったときにその雨水が抜ける出口まで塗料で塞いでしまうと

雨水が瓦と瓦の隙間に溜まり、釘穴をつたい少しずつ雨漏りしていくことになります。

冬になるとその溜まった雨水が凍って(凍った水は体積が増えるので)瓦が爆裂する(ひび割れの)原因になってしまいます。

 

 

じゃぁ、そうならない為にはどうしたらいいのか??

答えは簡単!

 

人工的に瓦と瓦の隙間を作ってあげればいいんです♪

その方法は2つあります。

 

 

1つ目は、屋根の塗装が終わったあとにカッターのようなもので

瓦と瓦が重なっている箇所の塗膜を切って、隙間を作ってあげる方法

 

2つ目は、タスペーサーという道具を瓦と瓦の隙間に挟み隙間を作ってあげる方法です。

 

 

 

1つ目の塗膜を切って隙間を作る方法は、あまりお勧めしません。

なぜなら塗装が終わったあと屋根に乗ると、せっかく綺麗に塗装したのに足跡が付いてしまうし

塗膜を切るときに、どうしても塗膜を引っ張ってしまい綺麗に仕上げることが出来ないからです。

 

なのでプロタイムズ久留米店では2つ目の方法で隙間を作って塗装しています。

 

 

 

屋根の下塗りが終わった段階で、タスペーサーをはめる作業をします。

↑↑ まずは かわすき という道具で隙間を作り・・・ ↑↑

↑↑ タスペーサーを入れます ↑↑

この黒いのがタスペーサーです。

↑↑ ぐっと押し込み完了です ↑↑

 

この後に中塗り・上塗りを行っても、塗料で隙間を埋めること無く

塗装が出来ると言うことです♪

 

この作業の動画はこちら→ 

 

ちなみにタスペーサーは瓦の両サイドから15㎝の所に入れないといけないので

瓦1枚につき2個タスペーサーが必要になりますね。

 

今回T様邸では1階・2階の屋根あわせて1400個のタスペーサーを入れています。

これで瓦と瓦の間に雨水が溜まって雨漏りする心配はしなくて大丈夫です!!(*^-°)v オッケェー♪

 

さぁ、T様邸の塗装完成まで本当にもう少し!

お天気にも恵まれていますので、来週中には足場がとれると思います♪

 

 

2015.10.10

うちの家でもきるのかな?

いつまでに塗装工事すれば消費税8%なの??

おすすめビデオ診断 資格を持った診断士があなたのお家を診断します!

塗装現場・塗装に関する豆知識

塗装現場

豆知識

  • まずこちらをお読み下さい
  • 外壁の塗り替えのタイミングについて
  • 選ばれる理由
  • 外壁塗装業者の選び方
  • 相見積り比較のポイント
  • よくあるご質問
  • おすすめ塗料
  • 塗り替えセミナーイベントのお知らせ
  • プロタイムズの便利な分割ローン

リフォームジャーナル

>