よくある質問~Q&A~|プロタイムズ久留米店|久留米・筑後・小郡の外壁塗装

  • ホーム > 
  • よくある質問~Q&A~

塗装工事に関するよくあるご質問

久留米・筑後・小郡の外壁塗装専門店「プロタイムズ久留米店」に寄せられるよくあるご質問を回答と合わせてご紹介します。屋根や外壁の塗り替えは頻繁に経験する ものではないので、特に初めての方や2回目の方は、わからないことがあって当然。
塗料のこと、費用相場のこと、見積もり内容のこと、工法のことなど、少しでも気になることや わからないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。

よくあるご質問一覧

家の外壁を塗装するのはなぜですか?
塗装によって建物を保護するためです。外壁塗装には美観を作るのと同時に、壁や柱などの構造が腐食するのを防ぐという目的もあります。塗装しなければ、太陽光や雨風などですぐに傷んでしまうので、自然環境から家を守る上では外壁塗装が非常に重要です。
建物の塗り替えのタイミングはいつごろでしょうか?
外壁の表面にチョーキング現象(外壁の表面が劣化してチョークのように粉がふいた状態になること)やクラック(ひび割れ)が発生したら塗り替えのタイミングです。こういった状況からさらに劣化が進むと、塗膜がはがれ落ち、鉄筋やビスなどがさびて建物の寿命を著しく縮めてしまう可能性があります。そうなる前に塗り替えましょう。
家の壁に起きるひび割れを放置するとどうなりますか?
塗料が硬化すると、壁と一緒に塗膜がひび割れを起こします。ひび割れから雨水などが侵入すると、内部の腐食がはじまってしまうので、ひび割れを放置するのは危険です。ひび割れ対策としては、伸縮性の高い塗料を使用するのがよいでしょう。
塗料は厚く塗ると長持ちするのでしょうか?
使用する塗料の量や塗る厚さは、それぞれの塗料メーカーによって規定されています。厚く塗るとムラができてしまい、塗料が十分に乾きません。その結果、仕上がりが悪くなったり、塗料本来の性能が発揮されなくなります。逆に薄めすぎると、塗膜が薄くなるので耐用年数が短くなってしまいます。メーカーの定めた塗り方を徹底することが重要です。
塗り替えにおすすめの塗料はありますか?
塗料の目的は建物を保護するためにあるので、耐用年数が長いものがおすすめです。一般的に耐用年数が長い塗料は高額になりますが、長期にわたって保護でき、トータルで見れば塗り替え回数を減らせるので、一概に高いとは言えません。ただし、数年後に建て替えなどを予定されている場合などは、耐用年数が短い塗料をおすすめします。
建物が色あせてきたように思うのですが、塗り替えたほうがいいでしょうか?
塗料や建物の状況によって違うので一概には言えません。明らかに変色していると思える場合や手で触るとチョークの粉のようなものがつく場合は塗り替えをおすすめします。気になるのであれば、専門スタッフが外装診断を行いますので、当社までご相談ください。
複数の業者に見積もりを取ると、かなり安いところがあるのですが、費用相場がよくわかりません。安いところは不安ですか?
金額だけで塗装工事を決めるのは危険です。金額が高くても安くても、それなりの理由があるはずです。「簡易足場を使っているから安い」かもしれませんし、「職人の数を少なくしているから安い」のかもしれません。企業努力によって塗料の仕入れ値を抑えている業者もあるでしょう。安さの根拠によっては、安全性や施工品質の面でリスクになることもあります。どのような施工内容になっているのかは事前に内訳までしっかりと確認し、不明点は問い合わせておきましょう。金額だけで判断すると、施工してから「こんなはずじゃなかったのに……」と後悔することになりかねません。
壁に細かなひび割れがあるのですが、塗装で直りますか?
ひび割れの状況にもよりますが、細かなひび割れは補修下地材料のフィラーを使って改善できます。フィラーでひび割れを埋めて、表面を平らにしてから塗装を行います。
見積書のどこを確認しておくといいでしょうか?
見積書を確認するポイントはいくつかあります。
塗料の種類と値段が目的や予算に合っているかどうか
重ね塗りの回数が記載されているかどうか
足場や養生などの料金が記載されているかどうか
塗装面積の数字が適切かどうか
「人工(にんく)」の数字が適切かどうか
信頼できる塗装業者を見分けるポイントを教えてください。
信頼できる塗装業者は、質問に丁寧に答えてくれる業者です。例えば、見積もり内容の根拠、塗料の種類やなぜそれを提案しているのか、工程についての説明、保証内容など。これらを質問したときに分かりやすく説明してくれる業者は、誠実な業者と言えるでしょう。
夏に部屋の温度を下げるための塗料はありますか?
遮熱塗料を利用することで、エアコンを使った際に部屋の温度を効率よく下げることができます。遮熱塗料なら外気の熱を中に伝わらないようにできるので、屋根や外壁の表面温度も下がります。その結果、室内の温度が下がるだけでなく、建物そのものダメージを軽減できるのです。同じ塗料でも色によって反射率が変わりますので、くわしくは直接お問い合わせください。遮熱塗料などの優れた機能を持つ塗料はやや高額ですが、メンテナンス費や光熱費の削減にもつながるのでおすすめです。
下地補修ではどんなことをするのですか?
そのままの状態で塗料を塗ってしまうと、すぐに塗膜が浮いてはがれ落ちることになります。そうならないように塗装する表面を洗浄し、ひび割れを埋めて表面を平らに整形する作業が下地補修です。この作業を正しく行わないと、キレイな仕上がりにならないだけでなく、耐久性にも悪影響があります。
屋根と外壁では塗料の種類が違うのですか?
直射日光や雨風にさらされる面積が大きく、温度差も激しいため、屋根は建物の中でもっとも厳しい自然環境にさらされる場所です。だからこそ、外壁以上に耐久性・耐候性の高い塗料を使うほうが住まいの寿命や快適さを維持する上ではよいでしょう。
塗装作業のときのにおいはどうなのでしょうか?
塗料の種類によって、においが出る可能性があります。シンナーで薄める塗料の場合は、水で薄める水性塗料に比べると強いにおいになります。においが気になる、あるいは、ご近所に迷惑ではないかと気になる場合は、事前にご相談ください。
塗装工事中は常に家にいなければなりませんか?
在宅していなくても塗装作業をすすめることはできますので、事前にご相談ください。また、塗装場所によっては洗濯物を外に干せないなどご不便をおかけすることがあるかもしれませんが、基本的には普段通りの生活をしていただきながら工事をすすめていきます。

うちの家でもきるのかな?

ページトップへ

いつまでに塗装工事すれば消費税8%なの??

おすすめビデオ診断 資格を持った診断士があなたのお家を診断します!

塗装現場・塗装に関する豆知識

塗装現場

豆知識

  • まずこちらをお読み下さい
  • 外壁の塗り替えのタイミングについて
  • 選ばれる理由
  • 外壁塗装業者の選び方
  • 相見積り比較のポイント
  • よくあるご質問
  • おすすめ塗料
  • プロタイムズの便利な分割ローン

リフォームジャーナル

>